≪ Main Entry:   
しみず市民活動センター(助成金案内)vol.74
2017年12月05日 | センター情報

センター情報助成金案内

▼(公財)ヨネックススポーツ振興財団
平成30年度 助成金(前期)

助成対象:青少年スポーツの振興に関する事業を積極的に行い、奨励し、または自ら行い、かつ3年以上継続して活動している団体等
助成金額:上限額 1件 100万円(予定する事業予定の1/2)
応募方法:助成金交付申請書に必要事項を記入し、対象団体であることを証明する書類を添付して財団宛に郵送
応募締切:2017年12月20日(水) 消印有効
問合せ:TEL 03-3839-7195 FAX 03-3839-7196

▼NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
第14回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)

表彰対象:困難な状況を克服して社会参加を果たした精神障害の方々の中から、特に優れた活動をしている方を表彰し支援。
支援者部門として、支援者の方、グループ・団体も表彰
応募資格:【当事者部門】 精神障害者の社会参加や自立を進める活動を1年以上にわたって行っている精神障害当事者の方、グループ・団体
【支援者部門】 精神障害者の社会参加や自立を進める活動を1年以上にわたって行っている方グループ・団体
表彰金額:当事者部門 表彰状・100万円 / 支援者部門 表彰状・50万円
助成件数:各部門2組の個人またはグループ
応募方法:所定の申請用紙に必要事項を記載し、資料を同封の上、事務局宛に郵送
応募締切:2017年12月31日(日) 消印有効
問合せ:TEL 047-320-3870 FAX 047-320-3871

▼(一財)ハウジングアンドコミュニティ財団
住まいとコミュニティづくり活動助成

助成対象:【地域・コミュニティ活動助成】地域づくりやコミュニティを基軸にした広範な市民活動
【住まい活動助成】住まいや住宅地、団地、マンションなどを活動対象にして今日の多様な住宅問題に取り組む活動
助成金額:上限額 1件 120万円
応募方法:所定の申込み用紙に必要事項を記入し、ビジュアル資料、参考資料を同封の上、郵送
助成件数:地域・コミュニティ活動助成 10件程度
住まい活動助成10件程度
応募締切:2018年1月10日(水) 必着
問合せ:TEL 03-6453-9213 FAX 03-6453-9214

▼パブリックリソース財団
2018年度 未来につなぐふるさと基金

助成対象:1.【たべる】地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動
2.【ふれる】自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する活動
3.【つたえる】自然や動植物を観察し、記録・表現する活動
4.【まもる】自然や生きものを調査・保全・再生する活動
応募条件:支援期間中に、市民参加型プログラムを年3回以上企画・実施できること。うち1回は、「生物多様性をテーマにした写真教室」を組み入れて実施すること等
助成金額:上限額 1件 50万円
上記助成金に加え、助成金以外の支援を提供
\賁臉や組織運営力、広報力等を向上させるための支援
◆崟己多様性をテーマとした写真教室」実施援助
J鷙隹馘でのノウハウ共有
助成件数:5件
応募方法:応募書類を「未来につなぐふるさと基金」まで郵送または宅配便
応募締切:2018年1月10日(水) 消印有効
問合せ:TEL 03-5540-6256 FAX 03-5540-1030(月〜金10:00〜17:00)

▼(公財)明治安田クオリティオブライフ文化財団
平成30年度 地域の伝統文化分野助成

助成対象:地域に伝わる「民俗芸能」並びに「民俗技術」の継承、とくに後継者育成の諸活動に努力している団体または個人
助成金額:民俗芸能 上限額 1件 70万円 / 民俗技術 上限額 1件 40万円
応募方法:所定の申込書に記入し、推薦書に推薦者の推薦および捺印を得た上で、関係資料とともに郵送
※市町村教育委員会、公立博物館、学識経験者等からの推薦ならびに各都道府県教育委員会または知事部局の文化関係所管課の推薦が必要 ※原則郵送・でき得る限り簡易書留
応募締切:2018年1月31日(水) 消印有効
問合せ:TEL 03-3349-6194 FAX 03-3345-6388

≪ Main | センター情報 | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索