≪ Main Entry:   
パートナー46号(2ページ)
2010年12月01日 | パートナー

パートナー46号


 清水市民活動センターがオープンして4年が過ぎました。利用者や関係諸機関の協力をいただきながら、少しずつ地域での認知度も上がり、登録団体も増えました。
 4度目の周年事業は恒例のパネル(参加41団体)・カタログ(参加52団体)展示や共催協賛事業に加え、市民活動FESTA2010と銘打ち、市民活動団体の見本市を開催しました。


パートナー46号


 10月23日、13の市民団体がブースを出し、来場者に活動をPR.しました。参加した方たちは、スタンプラリーをしながら、工夫を凝らした団体のプレゼンを楽しんでいました。
 セレモニーの後、四季を歌う会と清水うたい隊のリードでまずは1曲、1回の説明時間は5分までという制約の中、説明にも熱がこもります。「もっと話した〜いという方もいましたが、今回は「たくさんのブースを回って下さい !」とお願いしました。


パートナー46号

パートナー46号


 高校生のボランティアグループ「チーズケーキ」、清水駅前銀座で放課後の子どもたちの居場所づくりに取り組む「さんま屋」、新しく団体を立ち上げたばかりの「Studio Bear」、10代、20代の若い団体には注目が集まりました。
 また、スルガダルクのブースでは、その活動を初めて知ったという方たちの感動の声を聞きました。


パートナー46号

パートナー46号

パートナー46号

パートナー46号



[1] [2] [3] [4]
≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索