≪ Main Entry:   
パートナー75号 4ページ
2015年10月01日 | パートナー
NPOワンポイント

NPOも「取引」をすれば消費税の対象です

Q.行政の委託事業は消費税の対象になりますか?

A.消費税は、対価性のある取引に課せられます。行政に代わってNPOが労力を提供して事業を行い、その対価として報酬を受け取る委託事業は、消費税の対象となります。

Q.助成金や補助金に消費税はかかりますか?

A.何かを提供した報酬として受け取るお金ではないので、消費税の対象にはなりません。会費や寄付金も同じです。

Q.NPO主催でイベントを企画しました。参加費を取るのですが、消費税の対象になりますか?

A.参加費は、イベントというサービスを提供した対価と考えることが出来ます。したがって税法上は課税対象となります。税務署から見れば、徴収する参加費には税金が含まれており納付義務がある、ということです。ただし、基準期間の収益(売上)が1,000万円以下の場合は、納税義務が免除されます。

 また、収益(売上)が1,000万円〜5,000万円の事業者は、簡易課税制度を届出の上選択することができます。

パートナー

しみず・コレなあに?

「中に餡(あん)が入っているのはあたりまえでしょ」
「いいえ、餡は真ん中に乗せるでしょうよ」
「そもそもこんな形、見たことない」
「えーっ、静岡だけなの?知らなかった」

 ある日、センタースタッフの間でこんな会話が交わされました。餡入りを主張するのは旧清水市、餡乗せ派は旧静岡市、見たことない、は他県出身者です。

 お月見団子といえば丸いものを積み上げるのが一般的のようですが、大井川と富士川の間の地域では、「へそ餅」と呼ばれる独特の形の団子を供える風習があります。太陽の陽に対する月の陰を表す、という説も聞きましたが、真偽のほどはわかりません。しかし、餡があっても無くても、お月見の季節限定で店頭に並ぶ「へそ餅」は、静岡ならではの風物詩です。

 今年の中秋の名月は9月27日、加えて翌28日はスーパームーンでした。静岡のみなさんは、へそ餅とともに美しい月を愛でることができたでしょうか。

パートナー

9周年事業始まります  清水市民活動センターはこの秋、開設9年を迎えます。今年は10月1日から11月30日までの2ヶ月間を「お祝いする期間」として、様々なイベントや展示でセンターを盛り上げます。

 そして、11月22日にはメインイベントを開催します!7月から利用団体のみなさまと9周年記念事業実行委員会を結成し、現在開催に向けての準備を進めている最中です。みなさまのご協力、ご参加、ともにお待ちしております!
9周年事業始まります パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」75号目次
●「小さなNPOのための助成金活用術」講座報告≫
●NPOと企業の協働 踏み出す一歩をサポート≫
●地域メディアとの協働>FMしみず≫
●リレートーク NPO法人 Animal 3rd Eyes 理事長 森朋美さん≫
●市民活動見てある記 清水区まちづくり協働会議≫
●NPOワンポイント NPOと消費税
●しみず・コレなあに?
●清水市民活動センター9周年記念事業

PDF文書PDF文書(2.3MB) ▼パートナー75号≫

≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索