≪ Main Entry:   
パートナー73号 4ページ
2015年06月08日 | パートナー
センター日和 シズオカ×カンヌウィーク2015

 静岡市恒例の、カンヌウィーク。清水市民活動センターも関連企画としてカンヌに因んだ事業をおこないました。

 スタッフが知恵を絞り、かつて清水を舞台に撮影された映画のシーンと今を比べて観る「シネマサロン」と、三保の生産者をゲストに迎え、トマトについて学び、味わう「トマトに乾杯!」という企画が出来上がりました。どちらも定員を上回る参加をいただき、大好評でした。「とても楽しかった」とみなさん言ってくださいましたが、古い映画や地図を探したり、変わったトマトレシピを考えたりと、準備の段階でスタッフはもっと楽しんでしまったかもしれません。まちには魅力ある素材がまだまだあります。

シネマサロン号 トマトに乾杯!

パートナー

しみず・コレなあに

 ここは、静岡市清水区の「果樹研究所カンキツ研究興津拠点」のエントランス。明治35年に施設が開所した時に植樹された並木が続いています。

 生命力が強く、明治40年ごろから、ここの木の枝を挿し木し、日本中に街路樹として広まっていったそうです。しかし、冬には落葉し剪定も大変なことから、最近は敬遠されがちです。和名「スズカケノキ」は、その実が鈴を掛けたように見えることに由来すると聞きます。しかし、興津の木は剪定してしまうため、実をつけたことはありません。樹齢110余年の「プラタナス」は、老齢化のために樹の中心部が空洞になりながら、今も風雨に耐え続けています。

パートナー

NPOワンポイント 法人県民税の減免申請書、提出しましたか?

 27年度に入ってからの相談業務の中で、「県財務事務所から書類が届いたが、どうしたら良いか」と、いくつかのNPO法人から質問がありました。

 収益事業をしていないNPO法人は、法人県民税の均等割の減免申請書を提出することで、課税されなくなります。これは市民税も同じことで、市民税課に提出します。

 「NPO法人は非営利事業をしているので税金を支払う必要が無い」と勘違いしている方を相変わらず見かけます。しかし、こうした手続き無しに非課税になるわけではありません。必ず提出しましょう。

 もちろん、法人税法での収益事業にあたる事業を実施している場合は税務申告が必要です。自団体の事業が収益事業に該当するかは、最寄りの税務署にご相談ください。

パートナー

実行委員募集

 10月に設置9年となる清水市民活動活動センターの記念事業。
作り上げていく中で、体同士が知り合い、連携する良い機会でもあります。実行委員としてみなさまのアイデアとパワーをご提供ください!
ご協力いただける方は、センターまでご連絡下さい。

第1回 9周年記念事業実行委員会
7月3日(金)19:00〜

パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」73号目次
●事業報告>講座「学生団体を知ろう」シリーズ≫
●事業案内>NPO入門講座 そうだ。NPO、しよう!≫
●地域メディアとの協働>FMしみず≫
●静岡商工会議所との共催講座>NPOと企業の協働≫
●センター日和>カンヌウィーク≫
●しみず・コレなあに?
●NPOワンポイント
●実行委員募集!
PDF文書PDF文書(2.0MB) ▼パートナー73号≫

≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索