≪ Main Entry:   
パートナー72号 2ページ
2015年04月01日 | パートナー
利用団体アンケートの報告

 今年度もセンター利用団体のみなさまを対象にアンケート調査を実施し、261の利用登録団体のうち、124団体から回答をいただきました。(回答率48%) その特徴的な部分について報告します。

センターを利用する目的は?
回答状況

 施設利用者は前年より増加しており、会議室やオープンスペースを利用しながら活動を進めている団体が増えています。

 それ以上に、情報収集・団体情報の発信、ネットワーク作りのためにセンター機能を活用しようという傾向が強まっています。

実施希望講座

 チラシ作りの講座の開催要望は毎年多くの団体から出されています。選択項目は同じですが、具体的にパソコン操作、デザイン、コピー作成のコツなど、団体によって内容が異なるので、企画の段階で精査する必要があります。
 そのほか要望が多いのは、仲間作りをはじめとする団体の活性化のための講座です。
人材育成や資金確保はほとんどの団体が課題として掲げています。
 この結果を参考に、平成27年度の事業を進めていきます。

センター利用による良い変化

良い変化があったと回答した団体 63団体 58.3%

 助成金をはじめとする団体にとって有益な情報を得ることができたという回答が目立ちますが、もっとも多かったのは、団体同士繋がることができた、連携できる団体と知り合えたというコメントです。周年事業を始め、あらゆる場面で団体が繋がる仕掛けを作ってきたことの成果を感じます。
 また、運営相談の対応が、団体にとってプラスになったという感謝の言葉もいただいています。

改善要望等

 毎年、駐車場について多数ご意見をいただいたいます。駐車スペースの拡充は難しいのが現状です。有料駐車場を含め場所がわかりにくいという点については、改善に努めます。
 また、車椅子利用の方からは、入り口の段差や、点字ブロックの配置について要望がありました。今後、検討していきます。

点字ブロックの配置
パートナー

地域メディアとの協働

▼4月の出演団体

○4月7日 静岡市清水市民活動センター
新年度のご挨拶と事業のご案内

○4月14日 チームつながり
「5/3(ごみの日)100万人でゴミ拾い in 三保松原 」の清掃活動のご案内

○4月21日 NPOグローバルハーモニー
6月に開催する、親子のための心理学講座のご案内

○4月28日 次郎長生家を活かすまちづくりの会
「あなたの残したい建物コンテスト」グランプリ獲得のお礼と報告

パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」72号目次
●成果を活かし、新たな1年へ!≫
●平成27年度の事業計画≫
●利用団体アンケートの報告
●地域メディアとの協働>FMしみず
●市民活動見てある記 防災フェスタinしみず≫
●NPOワンポイント 税務申告をお忘れなく≫
●清水さかな事情≫

●しみず・コレなあに?≫
PDF文書PDF文書(2.35MB) ▼パートナー72号≫

≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索