≪ Main Entry:   
パートナー67号 (4ページ)
2014年06月03日 | パートナー
NPOワンポイント
資産の変更登記は忘れずに

 またか、しつこい、と思わないでください。事業報告書講座などで登記について解説すると、「毎年するのですか?」と驚くNPO法人の代表がいます。そうです、NPO法人は、資産の総額、つまり決算後に次年度に繰り越す額が決まれば、登記をする必要があります。

 団体が1年間活動して残金が1円も変わらない、なんてことはまず無いですね。ですから、ほとんどのNPO法人はこの登記が毎年必要です。

書類は、
検索「法務省 商業・法人登記申請」  
→ 4・8 NPO法人変更
(資産の総額変更)登記申請

 代表権のある理事の変更や任期満了に伴う再任、事務所の住所変更なども登記してください。不明な点があれば、法務局の相談コーナーをご利用ください。また、当センターでも対応します。

静岡市清水市民活動センター
8周年記念事業の準備が始まります


10月に設置8年を迎えるセンターの記念事業を、利用団体のみなさまとともに企画から作っていきます。 第1回実行委員会は6月20日に開催します。ただ今実行委員を「大」募集!

パートナー
しみずコレなあに

 静岡市清水区美濃輪町の商店街を歩くと、黒字に「長」の字を白く染め抜いた日よけのれんの下がる古い建物が見つかります。世界文化遺産富士山の構成遺産、三保松原を訪れる観光客が立ち寄るスポットのひとつです。

 中に入ると、狭い間口に比べ奥行きがある町屋独特の間取りであることがわかります。そして、入り口から続く土間にあるのがこちらの井戸。

ここはご存じ清水次郎長の生家。この井戸水で彼が産湯をつかった、とされています。誕生は1820年ですから、家屋も井戸も200年以上の年月を経ていることになります。水は涸れてしまいましたが、土間は巴川に面した裏口まで続き、暑い夏は、今も変わらず気持ちのよい風が吹き抜けていきます。

パートナー

センター日和

 新年度が始まって2ヶ月が過ぎました。と、思ったら、もう今年は残り半分! 信じられません。センターではこの間、事業を立て続けに行い、あっという間に時が過ぎました。NPOの実務的な講座、入門講座、そしてジブチについての講座から、静岡市主催のカンヌウィークの連動企画まで本当に幅広い内容で、たくさんの方に参加していただき、とても賑やかでした。

センター日和

 ひと段落したかと思えば、今度は秋の「8周年記念事業」にむけて動き出す時期に…。止まってはいられません。団体のみなさんも新年度の事業が動き出し、とても忙しそう。NPO法人であれば、総会→事業報告書提出、登記など、まだまだやることは盛りだくさん。センターのオープンスペース、会議室、ブースが連日フル稼動です。

 最後に私事ですが、4月に事故に遭い、京都での研修に参加できなくなりました。友人にその話をしたところ、「厄年でしょ? じゃあ仕方ない」と一蹴されました。確かに厄年です 川口瑠衣(もう元気です)

パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」67号目次
●総会に備え、まず事業報告書と活動計算書を万全に≫
●シズオカ×カンヌウィーク2014 関連企画≫
●リレートーク 静岡学習支援ネットワーク元代表 白谷素子さん≫
●地域メディアとの協働>FMしみず≫
●市民活動見てある記 まちづくり考房SHIMIZU≫
●NPOワンポイント 資産の変更登記は忘れずに
●しみず・コレなあに?
●センター日和

PDF文書PDF文書(2.0MB) ▼パートナー67号≫

≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索