≪ Main Entry:   
Webパートナー 通巻87号
2014年01月29日 | メールマガジン

Webパートナー2月

○○●○○○●○○○●○○○●○○○●○○●○○
  静岡市清水市民活動センター メールマガジン
  Webパートナー  通巻87号(2014.2.3)
○○●○○○●○○○●○○○●○○○●○○●○○

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
《今号の目次》
 ■ センターからのお知らせ
 ■ イベント情報
 ■ お役立ち助成金情報
 ■ NPOの震災被災者支援活動情報
 ■ 図書の紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 諸説ある如月(きさらぎ)の語源ですが、「まだまだ寒くて更に衣を着る」という説にナルホドと頷き、「草木が根を張る月」というのも納得です。
 寒さに襟を閉ざしてじっとしているかのようですが、草木がいよいよ生い茂るという意味の弥生3月を迎えるために、土の中で着々と用意をしている時期と言うことですね。私たちも新年度に向け、静かに確実な準備を進めていくことにしましょう。


□■ センターからのお知らせ
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
―――――――――――――――――――――――――――
● センター 主催事業のご案内
―――――――――――――――――――――――――――

 ■しみずまち・コレ シリーズ3 大学生と行く「くさなぎdeさんぽ」

 再開発中の清水草薙駅周辺は、ただ今注目のスポットの一つ。
 盛り上がっている「草薙マルシェ」とナビゲーター推奨「評判のお店」をめぐる、「ゆるさんぽ」を楽しもう!

 日時:平成26年2月23日(日)9:00〜12:00 
 ナビゲーター:静岡県立大学地域コラボプロジェクト 西美有紀さん 他
 集合:JR草薙駅前 
 参加費:1人100円(保険代)
 定員:20名(先着順)

 
―――――――――――――――――――――――――――
● Facebookページ あります!
―――――――――――――――――――――――――――

 清水市民活動センターにはFacebookページがあります。

 センターHPの右側にあるFacebookのロゴマークをクリック!
 (センターHP→ http://www.shimizu-s-center.org/ )

 みなさん「いいね」をよろしくお願いします!


―――――――――――――――――――――――――――
● センター 他団体との共催事業について
―――――――――――――――――――――――――――

 清水市民活動センターは、利用登録団体を対象に共催事業を募集しています。
 共催にあたっては、センターが『会場の提供』『広報協力』などのサポートを行います。
 ぜひご応募ください。
 詳しくは、清水市民活動センターにお問い合わせください。


―――――――――――――――――――――――――――
● 静岡市のNPOに関する担当課は「男女参画・市民協働推進課」です
―――――――――――――――――――――――――――

 男女参画・市民協働推進課について
 
 HP: http://www.city.shizuoka.jp/deps/danjo/index.html


―――――――――――――――――――――――――――
● エフエムしみず 2月の出演団体
―――――――――――――――――――――――――――

 ■ 2月 4日 清水TA研究会
 2月13日に開催する、心育て(こそだて)教室「陶芸手びねり体験 カップ作り」のご案内

 ■ 2月11日 清水おやこ劇場
 2月13日開催の、「おやこで一緒に絵本とわらべ歌を楽しむプチ講座」のお知らせ

 ■ 2月18日 カウンセリングルーム凛
 女性支援の活動紹介と、今後開催される「デートDV」の講演会についてご案内

 ■ 2月25日 認定NPO法人ヤング・カレッジ
 団体の活動紹介と4月から開講される講座のご案内、認定NPO法人のご報告


―――――――――――――――――――――――――――
● エフエムしみず 出演団体募集
―――――――――――――――――――――――――――

 センターでは、メディアとの協働事業として、エフエムしみずでの情報発信を行っており、毎週火曜日9時10分から10分間の番組に出演していただける市民活動団体を募集しています。
 清水区内に拠点がある団体、または清水区内でイベントや講座を開催するため広報をお考えの団体は、お問い合わせください。

 申込先:清水市民活動センター エフエムしみず担当者まで
 TEL: 054-340-1010
 FAX: 054-351-5530
 E-mail: mail@shimizu-s-center.org


―――――――――――――――――――――――――――
● 事務ブース入居団体募集
―――――――――――――――――――――――――――

 ※ 来年度のブース募集

 市民活動センターの事務ブース入居団体を募集しています。
 立上げ期や拡大期の団体のみなさまをスタッフがサポートします。

 金額:月額 5,000円
 期間:1年間(最長3年間)

 ※申し込み・問い合わせはセンターまで!


―――――――――――――――――――――――――――
● ホームページを随時 更新中
―――――――――――――――――――――――――――

 静岡市清水市民活動センターホームページ
 http://www.shimizu-s-center.org/
 ぜひご覧ください。



□■ イベント情報
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
―――――――――――――――――――――――――――
● 第3次静岡市総合計画策定講演会「コミュニティデザインが拓く静岡市の未来〜人がつながる、まちが輝く〜」
―――――――――――――――――――――――――――
 主催:静岡市
 
 山崎亮さんと静岡市のまちづくりを語ろう!
 未来に向けて、みんなで力を合わせる方法が、コミュニティデザインです。
 コミュニティデザインは、人と人とのつながりで、地域を幸せにするための取り組みです。
 人と人とのつながりが、まちを変えていく可能性を、あなたも感じてみませんか?

 日時:平成26年2月9日(日) 14:00〜16:00(開場13:30)
 会場:清水テルサ 1階テルサホール(静岡市清水区島崎町223)
 講師:山崎亮さん(京都造形芸術大学教授)
 参加費:無料
 定員:300名(先着順)
 申込み:静岡市コールセンターへ(8〜20時) TEL:054-200-4894
 問合せ:静岡市企画課
     電話:054-221-1020
     メール:kikaku@city.shizuoka.lg.jp


―――――――――――――――――――――――――――
● 子どもと育つ地域の仲間〜見つめてみよう・話してみよう・深めてみよう〜
―――――――――――――――――――――――――――
 主催:静岡少年少女センター・少年少女センター全国ネットワーク
 
 私たちは、地域に一人ぼっちの子どもをなくそう!と活動している団体です。
 子ども同士の仲間づくり活動の魅力と、地域で生き、育ち合うことの大切さを一緒にみつめる、学びと交流のイベントを開催します。

 日時:平成26年2月15日(土)13:30〜16:30(受付13:00〜)
 会場:清水区辻生涯学習交流館 2F講義室
 対象:高校生、青年、父母(保育対象者年齢は3歳以上)
 ※ 当日の参加もOKです。保育あり要問合せ
 参加費:資料代300円(高校生 100円)、保育料300円
 問合せ:054-366-4084(渋谷方)


―――――――――――――――――――――――――――
● シニア応援!活き活きフェア
―――――――――――――――――――――――――――
 主催:静岡県 (受託 株式会社東海道シグマ)

 【これからの人生、どのように社会に関わっていくのか】をテーマに市民活動等を知って、より良い社会生活をたのしんでみませんか? 
 83歳で起業した高田綾子氏の講演会他各種イベント開催

 日時:平成26年2月15日(土)13:30〜16:00
 会場:清水市民活動センター 第一会議室
 ※ 公共交通機関をご利用下さい
 参加費:無料
 問合せ:しずおかジョブステーション中部 
     電話:054-284-0027
 リンク: http://youngjob.pref.shizuoka.jp/


―――――――――――――――――――――――――――
● 第46回ランチトーク「学生たちのボランティア〜災害時に備えてうちっち(私たち)にできること〜」
―――――――――――――――――――――――――――
 主催:静岡市番町市民活動センター
 
 東日本大震災がきっかけで、災害が発生したら「私たち学生達に何ができるか?」
 「学生の力をもっと発揮したい」という想いで結成した学生ボランティア団体うちっちは、
 平時から様々なボランティアの依頼を受け、学生達に一歩踏み出すきっかけを与えることで
 市民とのつながりを拡げる活動をしています。今年の3月11日にキャンドルナイトを企画しています。

 日時:平成26年2月22日(土) 11:00〜13:00
 会場:静岡市番町市民活動センター 1階オープンスペース(静岡市葵区一番町50)
 ゲスト:宇田哲也さん(静岡大学教育学部3年生 静岡県学生ボランティア団体「うちっち」代表)
 定員:15人程度(先着順)
 参加費:500円(軽食代)
 問合せ:静岡市番町市民活動センター
     電話:054-273-1212 FAX:054-273-1213
     メール:mail@bancho-npo-center.org


―――――――――――――――――――――――――――
● 清水の学校給食と食育を考える シンポジウムにご参加ください
―――――――――――――――――――――――――――
 主催:清水学校給食を考える会
 
 皆さんは、子どもたちが食べている学校給食が、どのように作られているか知っていますか?
 静岡市は、学校給食の大規模センター化を推進していますが、清水区はほとんどの小学校で自校給食を守り続けています。
 学校給食の今かかえている問題点や食育について、ご一緒に考えてみませんか?

 日時:平成26年2月22日(土)10:00〜12:00
 会場:興津生涯学習交流館 大会議室
 パネラー:小櫛 和子(県学校給食ネットワーク代表)、高橋 到(元静岡センター調理員)、山本 洋子(元清水区小学校調理員)
 コーディネーター:望月 結花(清水学校給食を考える会代表・食育指導員)
 参加費:200円(資料代)
 問合せ:054-376-4011 (望月)


―――――――――――――――――――――――――――
● 大学ネットワーク静岡共同公開講座「地域活性化‐商学連携による大学とまちのつながりの創出 」
―――――――――――――――――――――――――――
 主催:静岡県・大学ネットワーク静岡
 
 第一部 お弁当がつなぐ大学と商店街 タウンマネジメント協議会による長期的な取組み 
 第二部 金沢市の学生の取組みとクーポンの効果 
 第三部 パネルディスカッション「学生のいるまちでできること」

 日時:平成26年2月24日(月)17:00〜19:20
 会場:常葉大学静岡キャンパス水落校舎 403教室(静岡県静岡市葵区水落町1-30)
 対象:どなたでも
 定員:200名
 参加費:無料
 問合せ:大学ネットワーク静岡( 静岡市葵区鷹匠3-6-1 もくせい会館2階)
     電話:054-249-1818 FAX:054-249-1820
     メール: dns(ここに@を入れてください)daigakunet-shizuoka.jp
 関連リンク: http://www.daigakunet-shizuoka.jp/information/2013/2013_002.html


―――――――――――――――――――――――――――
● メルマガに掲載したいイベント募集
―――――――――――――――――――――――――――

 このメルマガでは利用登録団体のイベント情報を掲載します。希望される団体はセンターまでご連絡ください。
 ・メルマガ掲載依頼フォームの書式をお渡しします。フォームの書式を守って依頼してください。
 ・紙面の都合上、割愛、掲載を見合わせる場合もございます。ご了承ください。
 ・情報の掲載は、静岡市清水市民活動センターの利用登録団体に限ります。



□■ NPOお役立ち助成金情報
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●第10回「未成年者飲酒予防基金」
 助成元:アサヒビール株式会社
 未成年者の飲酒予防を目的とした医学的・社会文化的な研究や、予防のための地域活動、教育活動等を実施する団体・個人を対象に助成します

 対象:未成年者の飲酒予防を目的とした医学的・社会文化的な研究や、予防のための地域活動、教育活動
 助成金額:上限100万円
 問合せ:アサヒビール株式会社 社会環境部内「未成年者飲酒予防基金」事務局
     東京都墨田区吾妻橋1-23-1 TEL:03−5608−5195 FAX:03−5608−5201
 締切:平成26年2月20日(木)当日消印有効
 ↓
 http://www.asahibeer.co.jp/csr/tekisei/prevention.html

●タカラレーベン チャレンジ応援プロジェクト
 助成元:株式会社タカラレーベン
 新しいことに挑戦したい・昔ながらの伝統を守りたい・子供たちのために何かしたいなど、「志」を持った団体、個人のチャレンジを応援します。

 助成金額:上限30万円
 問合せ:株式会社タカラレーベン
     http://www.takaraleben.com/challenge/entry/index.html (インターネットでの問い合わせ)
 締切:通年
 ↓
 http://www.takaraleben.com/challenge/


 

□■ NPOの震災被災者支援活動情報
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

現在でもたくさんのNPOが様々な形でネットワークを組み、支援を行っています。
現地のことを忘れず、継続的な支援をしていきましょう。

―――――――――――――――――――――――――――
● 3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン
―――――――――――――――――――――――――――

東日本大震災の翌日に指導した団体が復興庁と連携し立ち上がったプロジェクトサイト
http://tasukeaijapan.jp/

―――――――――――――――――――――――――――
● 東日本大震災女性支援ネットワーク
―――――――――――――――――――――――――――

東日本大震災で被災した人々の多様性に配慮し、脆弱性の高い人々、特に女性の権利が満たされる環境づくりを目指すネットワークです。
http://risetogetherjp.org/

―――――――――――――――――――――――――――
● 特定非営利活動法人 静岡県ボランティア協会
―――――――――――――――――――――――――――

ボランティア協会の東日本大震災支援活動についての報告など
http://www.chabashira.co.jp/~evolnt/

―――――――――――――――――――――――――――
● 東日本大震災支援全国ネットワーク
―――――――――――――――――――――――――――

東日本大震災における被災者支援のために結成された、全国の災害支援関係のNPO・NGO等民間団体のネットワークです。
http://www.jpn-civil.net/



□■ 図書の紹介
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
―――――――――――――――――――――――――――

ここで紹介された本は清水市民活動センターでご覧いただけます。

●「図解 相手の気持ちをきちんと<聞く>技術」
 著者: 平木典子  発行:PHP研究所

 相手の気持ちを理解するための聞き方のポイントが図入りで解説されている本です。
 「聞く」ことは「話す」こと以上に難しいことです。コミュニケーションが不足がちと言われる昨今、お互いを大切にしながら会話をするために、一読してみてはいかがでしょう。また、日常生活のみならず、ワークショップや会議の場面にも活用できそうです。


●センターでは「ビッグイシュー」が読めます!

 ビッグイシューは、毎月2回(1日、15日)発行されるホームレスの自立を応援するイギリス生まれのストリートマガジンです。
 限られた地域でしか販売していません。
 県内で読めるのはここだけ。ぜひ手にとってご覧ください!

  最新号 231号(2014.2.1)
 特 集:雪エネルギー。「雪国」日本の資源。
 スペシャルインタビュー:中村蒼&佐々部清

≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索