≪ Main Entry:   
パートナー63号 (2ページ)
2013年10月01日 | パートナー
リレートーク
リレートーク

 今でこそ仲間とともに多くの自治会活動に取り組んでいますが、その原点は28歳のときに初めてお受けした岡地区の体育委員の経験です。スポーツを通じて、子どもたちだけでなくその親たちも地域の活動に参加するようになり、活発な交流が生まれるのを見てきました。

 そんな活動を生みだすために心がけたのは、岡地区の100名余の役員を取りまとめる組織づくりです。これには本業の学校向け教材販売の経験が活きました。時代の変化や全国の動向をいち早く情報収集して分析し、先生方の先を行くアドバイスをしていくことが、私たちの仕事で最も知恵を絞るところです。常に全体を見ながら考える、というのはビジネスでも地域づくりでも同じでした。

 自治会の活動で大事なのは、無理強いしてはいけないということです。地域全体を見渡して、うまく動く仕組みを整えさえすれば、やってくれる人材は必ずいるものです。長年の地域活動の中で、言わずとも通じる仲間ができました。多くの才能ある人に支えられたからこそ、地域活動に携わってこられたと思います

静岡市清水区岡地区連合自治会会長 望月勝さん 学校教材を扱う中で感じるのは、子どもたちの学校外の体験が非常に減っていることです。地域の中で、異年齢の子どもが交り合う機会が失われ、地域に根付いた文化や伝統を伝える場がなくなっています。私が地域活動に関わるきっかけは、やはり自分の子どもを通じてでした。子育ての時期に地域から頂いたものを今の親と子に渡したい、そんな気持ちでやっています。

 地域の子どもたちを守るために、防犯活動に行きついたのは自然な流れです。平成24年7月に岡小の体育館で行った子ども向け防さい講座は、県主催の防犯まちづくり専門講座で出会った講師にお願いして実現しました。これからも新しい情報を地域の活動にどんどん取り入れていこうと考えています。

 地域の活動を続けられたのは、本業を守ってくれる息子たちの成長と、なにより裏方を支え続けてくれた女房のおかげ。感謝していますよ。

パートナー

地域メディアとの協働
○10月1日  しみず話し方教室

伝えたい事を自分の言葉で伝えるレッスンを行う団体の活動紹介

○10月8日 金泥書フォーラム

センター共催事業 10月27日開催 講座「謡曲『羽衣』読んで楽しむ」

○6月18日 静岡学生NGOあおい

8月18日〜25日、静岡県立大学公認クラブのメンバーと一緒に行くカンボジア・スタディツアーについてのお話です

○10月15日 静岡2.0

10月20日開催の「【第2回 静岡ひろば】ほっこり!大運動会」のご案内

○10月22日 清水市民活動センター7周年記念事業実行委員会

11月10日開催 センターの周年記念事業「市民活動FESTA 2013」のお知らせ

○10月29日 NPO法人複合力

興津川の源流地域「やすらぎの森」でオクシズ両河内の活性化にがんばる団体の活動紹介とイベント案内

パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」63号目次
●折戸なす復活物語≫
●利用団体連絡会議≫
●マスコミとのつきあい方講座≫
●リレートーク港の風(28)望月 勝さん
●地域メディアとの協働>FMしみず
●市民活動見てある記 地域と作る価値ある公園≫
●NPOワンポイント≫
●しみず・コレなあに?(3)≫
●センター日和≫

PDF文書PDF文書(1.2MB) ▼パートナー63号≫

≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索