≪ Main Entry:   
パートナー61号 (3ページ)
2013年06月01日 | パートナー
Let'sちょっとCHAT!2013

 5月にしては眩しすぎる日差しの静岡青葉シンボルロードで、その明るさに負けない元気なイベントが開催されました。その名も「Let‘sちょっとCHAT!2013」。国際協力に関わる人を静岡でもっと増やそうという目的で2006年から始まり、回を重ねて8回目。NGOあおいの呼びかけに、共催団体のJICA中部をはじめ、県内外から大学生を中心に国際協力の活動をしている13団体が集まりました。「国際協力と名のつく団体を調べ、イベント趣旨と団体の活動目的が一致しているところに、とにかく連絡し、賛同してくれた団体を招待しました」とあおいメンバーの声。開催までには、準備期間から多くの若いエネルギーを費やしたことでしょう。

Let'sちょっとCHAT!2013

■ブースが熱い!■

 どのテントを訪れても活気があふれていることにビックリ。自分たちが発信していくことは、世界を変えていくことにつながる。地域は異なっても、実際に支援の必要な国々を訪れ、自らの目で見、感じたことを伝えようという、今どきのおしゃれな若者たちの「熱いハート」に触れることができました。最年少グループ、富士市立高等学校チャレンジショップ吉商本舗の1年生たちは、「大学生ってすごい、私たちももっといろいろな事を知って後に続きたい」と目を輝かせていました。

Let'sちょっとCHAT!2013

■イベントリーダーはだれ?■

 「らしくない人」がリーダーですと教えられて出会ったのがこの人、伊藤梓さん(2年生)。

 「8回目を自分達らしいイベントにするにはどうしていったらよいのか考えました。昨年9月から準備を始め、参加してほしい団体を呼ぶために他のイベントに参加しながらつながりを作ってきました。2012年から開始したカンボジアでのプロジェクトを通じ、児童買春や子どもの権利に関する知識が広まりつつあるのを感じています。自分たち学生が生き生きと活動する様子を社会に見せ、想いを伝えていくことで、人の行動を変えることができます。行動一つで世界は変わると思っています」と話してくれました。

▼静岡学生NGOあおい
 静岡県立大学公認サークルNGOあおい(代表・山岸千紘さん)は、その前身を含め2004年に設立された大学生の国際協力団体です。アジアの子どもたちの自立的な幸福の実現に貢献することを目指し、児童買春被害の撲滅や、国際社会において支援を行う若者たちを増やそうと活動を続けています。特に、カンボジア国内の学生団体と連携し、昨年8月からカンボジアの児童買春問題解決のためのプロジェクトを進めています。8月には2回目となるスタディーツアーも予定されており、精力的に活動をしています。国内では啓発のための機関誌「かぼちゃ」を刊行し、バザーや募金活動も行っています。

●連絡先
E-mail: aoi_shizuokango@yahoo.co.jp
HP: http://ngo-aoi.jimbo.com

パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」61号目次
●しみず・まちコレ 里山発!たけのこ便≫
●「活動計算書」について2講座を開催≫
●リレートーク港の風(26)杉山智之さん≫
●地域メディアとの協働>FMしみず≫
●市民活動見てある記 Let'sちょっとCHAT!2013
●NPOワンポイント≫
●しみず・コレなあに?(1)≫
●センター日和≫

PDF文書PDF文書(1.9MB) ▼パートナー61号≫

≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索