≪ Main Entry:   
パートナー43号(2ページ)
2010年06月01日 | パートナー
リレートーク 港の風
 
清水港から吹く風に乗せてまちに元気をひろげたい、そんな思いで市民活動を続けているみなさんをトークでつないでいきます。今回は、NPO法人ヤングカレッジの真田篤さんです。

清水の宝「港かっぽれ
 

NPO法人ヤングカレッジ  理事 真田 篤


 江戸芸かっぽれ二代目家元、櫻川ぴん助師匠を知ったのは私が5歳の時でした。当時の私は、芸事の好きな祖母の影響を受け、地元の盆踊り大会やみなと祭りに参加して、その頃誕生したばかりの「港かっぽれ」に夢中になっていました。

そんな時、駅前銀座商店街のイベントで「港かっぽれ」を踊っているぴん助師匠と出会ったのです。自分で振付をした「港かっぽれ」を颯爽と踊っている師匠の姿に、私の眼は釘付けになってしまいました。師匠はそんな私を見て優しく踊りの輪に誘ってくれたのです。それが縁で、私は師匠の清水での稽古場「清水矢倉かっぽれ道場・梅清会」に入門しました。以来、師匠の熱心な指導や家族を始め周囲の皆様のご協力で稽古に励み、10歳の時に名取になることが出来ました。それからは清水だけではなく、東京や大阪など各地のイベントにも社中として参加するようになりました。


パートナー43号

 早いものでかっぽれと出会ってもう20年が経ちました。お陰さまで私は準師範となることができました。又、かっぽれを通じて色々な方との出会いや触れ合いも生まれました。今では、かっぽれはすっかり私の生活の一部となり、ますますかっぽれの魅力に取りつかれていく毎日です。

 私は昨年からNPO法人ヤングカレッジの教養講座「かっぽれ教室」の講師となり、今年からは理事に就任いたしました。人に教えるということは簡単なことではありません。今まで以上に精進しなければなりません。自分も勉強しながら、幅広い年代の方々との交流を通じ、さらなる向上を目指したいと考えています。

 かっぽれの語源は「岡っ惚れ」から来ていると言われています。私はこれからも、かっぽれに惚れ、人に惚れ、地域に惚れて、「港かっぽれ」を清水の宝として残していきたいと思っています。




パートナー43号

エフエムしみず「しみず市民活動センター情報」

76.3MHz 毎週火曜日9時10分〜10分間

清水市民活動センターはパーソナリティとゲストをコーディネートし、情報を提供する役割を果たしています。

パートナー43号

○6月1日 清水憲法9条・連絡会

6月12日に開催される、詩人アーサー・ビナードさんの講演会のお知らせです。

○6月8日 清水おやこ劇場

新しくできた「おひざちゃんクラブ」の紹介と6月の例会のご案内です。

○6月15日 庵原子どもボランティア隊

清水区庵原地区の小中学生の活動を紹介します。

○6月22日 NPO法人ヤングカレッジ

7月8日「一人で着られる浴衣」講座を開催。

日本の伝統文化をシリーズで紹介しています。

○6月29日 清水ボランティア連絡会キャップ隊

ペットボトルキャップの回収活動についてお話していただきます。


[1]  [2]  [3]  [4]

≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索