≪ Main Entry:   
パートナー53号(3ページ)
2012年01月31日 | パートナー
市民活動見て歩き
市民活動見て歩き

 1月19日から29日にかけ、静岡市社会福祉会館はーとぴあ清水を会場に、楽しい作品展示会が開催されました。静岡市清水区内にある、障がいを持つ子どもたちの放課後支援を行っている事業所からの要望に応えて、手をつなぐ育成会が開催したものです。

市民活動見て歩き

 平成19年、静岡市のレスパイト事業として学童保育をスタートした事業所が1ヶ所ありましたが、障害者自立支援法改正に伴い、新たな放課後支援施設が誕生しました。 現在、清水区内には、4つの放課後支援施設があります。経営主体は、個人やNPO法人、企業とそれぞれ異なりますが、毎月連絡会議を持ち、連携しながら運営しています。利用登録をすれば施設を利用することができるため、複数の施設を利用するお子さんが多く、話し合いの機会を設け情報交換をしながら指導をされているとのことです。

 その中で、施設スタッフ子どもたちが描きためた絵を多くの方に見ていただく方法はないかと育成会に相談したのがきっかけとなり、展示会の開催となりました。育成会では、「市民活動企画グループ楽結」に実施の協力を求めました。楽結は、文字通り、市民活動団体に対して事業の企画提案などを行っている市民団体です。4事業所と育成会をつなぎ、準備を進めました。開催期間は10日間ですが、そこに至るまで、事業所や団体はもちろんのこと、背景づくりを担当した幼稚園の園児とお母さんたちの協力も含め、多くの方を巻き込んでの事業となりました。これを契機に、障がい者支援の理解が深まりその輪がさらに広がっていってほしいものです。

 また、手をつなぐ育成会と、楽結との出会いは、清水市民活動センターの利用団体連絡会議でした。中間支援施設として、団体間をつなぐ機会を提供することができたことを実感し、嬉しく思います。(担当 望月)

市民活動見て歩き
市民活動見て歩き

 長期休暇や放課後の問題は、親御さんたちにとっても切実。今後もますますニーズが高まりそうです。

清水区の障がい児の学童保育を行う事業所

パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」53号目次
●清水市民活動促進基本計画(案)にご意見を!≫
●センター事業のご案内>市民活動団体の会計入門講座≫
●センター事業のご案内>まちの達人に聞く8≫
●地域メディアとの協働>FMしみず≫
●リーレートーク港の風>NPOサポート・しみず 磯谷千代美理事長≫
●市民活動見てある記>静岡市手をつなぐ育成会
●NPOワンポイント>「活動計算書」とは≫
●センターからのお知らせ≫
●静岡市市民生活課のコーナー≫

PDF文書 PDF文書(2.0MB) ▼パートナー53号≫
≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索