≪ Main Entry:   
パートナー52号(4ページ)
2011年12月01日 | パートナー
NPOワンポイント
「ふじのくにNPO活動基金」を活用しましょう!

 「ふじのくにNPO活動基金」は、わかりにくいとか、自分たちの団体には関係ないという声を聞きます。確かに複雑な仕組みですが、自分たちが活用できるものがないか、もう1度しっかり確認してみましょう。

●団体内で困っている「広報」や「会計」など、支援申請をしてみませんか
 みなさんの支援申請に応えて、様々な基盤整備事業の企画が提案され、選定、実施されます。すでに基盤整備事業で「WEBメディア講座」「中間支援人材育成」などの事業が動き出しています。NPO POPOLONPOサポート・しみずなど支援事業を行っている団体のホームページをごらんください。

●団体登録をして、寄付を集めてみませんか
 団体として資金集めはどこも悩みの種です。寄付者にとって税額控除などの有利な仕組みですので、ぜひ活用しましょう。

センターからのお知らせ
ブース入居団体募集中

市民活動団体が事務所として利用できる事務ブースの入居団体を募集しています。
利用料 5000円/1カ月

入居にあたっては審査があります。詳細はセンターにお問い合わせください。なお、平成24年度入居の申し込み締め切りは2月末です。

貸しロッカーもご利用ください

用紙や書類の保管に便利な鍵つきロッカーです。
規格 幅245mm×奥行き480mm×高さ531mm
利用料 1個 300円/1ケ月

年末年始の休館について

平成23年12月29日(木)〜平成24年1月4日(水)の7日間は休館です。
会議や印刷で利用予定のある団体はご注意ください。
その他の1月の休館日は、1月18日(第3水曜)です。

年末年始の休館について

静岡市市民生活課のコーナー
市民活動促進基本計画のパブリックコメントを実施します

 静岡市の「静岡市市民活動の促進に関する条例」では、市民の皆さまが市民活動を行い、市と協力してその促進に努めるときに基本的に必要な考え方やルール、方向性を示しています。

 この条例では、市民活動促進の施策を、総合的かつ計画的に実施するため、市民活動の促進の基本となる計画を策定することが定められており、現在は、平成20〜23年度の「市民活動促進基本計画」に基づいて施策を実施しています。

現行の計画は今年度が最終年度となるため、現在市では、市民活動促進協議会(学識経験者、市民活動実践者、公募市民で構成されています)に意見を求めているところです。

 その協議の結果を元に、平成24〜26年度の市民活動促進基本計画案を作成します。計画案については市民の皆さまのご意見をいただくためにパブリックコメントを実施します。ぜひご意見をお寄せください。

■パブリックコメント■
 期間:1月中に開始予定(1か月程度)
 計画案その他資料の公表方法:
  ・市ホームページ、広報誌への掲載
  ・市民生活課、市民活動センターでの閲覧又は配布
  ・各区の市政情報コーナーでの閲覧又は配布
 意見提出方法
  ・郵送、FAX、Eメール、市民生活課への持参

静岡市市民生活課のコーナー
パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」52号目次
●清水市民活動センターオープン5周年にあたり≫
●事業報告>マスコミとの付き合い方講座≫
●地域メディアとの協働>FMしみず≫
●特集 清水市民活動センター5周年記念事業≫
●NPOワンポイント>「ふじのくにNPO活動基金」を活用しましょう
●センターからのお知らせ
●静岡市市民生活課のコーナー

PDF文書PDF文書(4.2MB) ▼パートナー52号≫
≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索