≪ Main Entry:   
パートナー51号(1ページ)
2011年10月01日 | パートナー
NPO法改正と寄付税制の改革が成立

 平成23年4月1日から、静岡市市民生活課・清水市民活動センター・番町市民活動センターの三者で、両センターに関するアンケート調査を実施しました。静岡市内のNPO法人、「静岡市市民活動団体名簿」掲載団体、両センターの利用登録団体を対象に行い、市内367団体からの回答を得ました(結果は各団体送付済・HP公開)。当センターは、アンケートの結果を踏まえ事業の改善をしています。また要望の多かった事業を夏以降、順次実施しています。

実施してほしい講座・交流事業ベスト3

事業報告
NPOのこれからを見据える連続講座3「認定NPO法人になろう」

 清水市民活動センターからの改正NPO法の情報や後半の事業予定についての報告ののち、要望の多い団体交流を行いました。

 30団体に参加していただき、共通の課題について団体の特性を活かした解決法を見つけていくというワークをおこないました。グループで活発な話し合いがされ、楽しい雰囲気の中にも今後に向けてのさまざまなアイデアが出ました。団体が知り合い、連携することで今まで出来なかった事が可能になったり、新たな活動の道筋が見えたりします。まとめとしていくつかの協働事例を紹介しましたが、次回は参加団体から報告がいただける事を期待しています。


基礎から学ぶ助成金

 開催が台風で1週間延期となり、参加状況が心配されましたが、多くの方に参加していただきました。

 講師にお迎えした公益財団法人助成財団センターの湯瀬秀行さんからは、助成財団の現状と助成を希望する市民団体の増加について報告があり、申請までの過程を丁寧に解説していただきました。

 財源の限られた財団に対し、助成希望は増加している現在、獲得に至るには厳しい壁があります。講義やワークショップを通じ、助成先とのコミュニケーションや相手に伝わる書類を作成する事の大切さを確認しました。


パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」51号目次
●市内市民団体へのニーズ把握を元にした、年度後半の事業
●事業報告>平成23年度第1回利用団体連絡会議
●事業報告>講座 基礎から学ぶ助成金
●リレートーク 港の風>清水障害者サポートセンターそら・山本忠広さん≫
●地域メディアとの協働>FMしみず≫
●市民活動見てある記>福祉イベントデー実行委員会≫
●NPOワンポイント>NPO法改正、私たちにとって何が変わるのか≫
●センター事業のご案内≫
●静岡市市民生活課のコーナー≫

PDF文書PDF文書(2.0MB) ▼パートナー51号≫
≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索