≪ Main Entry:   
パートナー50号(3ページ)
2011年08月01日 | パートナー
市民活動見てある記
市民活動見てある記
青少年就労支援ネットワーク静岡

 青少年就労支援ネットワーク静岡はひきこもりや障害、非行等の問題を抱え就労する事が困難な若者たちを、「働く」経験を積むことで社会復帰に導いていこうと2002年に発足し、2年後に法人の認定を受けました。

 静岡県には正規雇用されていない若者が10万人規模で居り、2万人以上のいわゆるニートが存在すると言われています。「働きたい」いう意志を持つ若者に寄り添い、就労につなげ定着させるために、地域の支援者の輪を広げようと、年に1度開催しているのが今回の研修です。現在、サポーターとして活動しているのはおよそ50名。全員がボランティアですが、熱心な活動ぶりに驚かされます。しかし、県内をカバーしていくにはまだまだその数は足りません。会場の三島市市民文化会館には、受講者はじめ、現役のサポーター、事例発表者が集まり、屋外の気温に負けない熱いトークが繰り広げられました。この日また新たな理解者が増え、サポーターとしてスタートされた方もいたことでしょう。


地域から若者を支えるサポーター 地域から若者を支えるサポーター

 「私はもともとお節介なの」と志田さんは言います。ご自宅のお寺では、事情のある方をお世話したり、ミーティング会場を提供しているそうです。写真は、本堂の掃除をするSさん。彼は、志田さん宅に通いながら規則正しい生活を始め、就労体験をするチャンスを得、次のステップに踏み出そうとしています。「ほおってはおけない」という気持ちで何人もの若者と根気強く接してきた志田さんの携帯には、お話をうかがっている最中もSさんからメールの着信がありました。


地域から若者を支えるサポーター
 2011年5月、就労・生活支援を目的とする浜松市パーソナル・サポートセンターがオープンしました。内閣府のモデル事業として、浜松市から青少年就労支援ネットワーク静岡に業務を委託された施設です。特徴は、「伴走」という団体独特の支援スタイルを反映している点です。伊藤さんは現在そのスタッフとして活躍しており、この日はサポート事例発表者でもありました。開始前から準備に汗を流しつつ、浜松の事業や自身の実践を語って下さいました。
 従来の就労支援は、面談や施設通所型がほとんどです。伊藤さんたちは、働く意思がある若者には、自ら就労体験先を探し、伴走しながら就職、社会復帰というゴールを目指します。その後のフォローアップも含め、多くの若者に寄り添ってきたベテランです。
パートナー
理事長の津富宏さん

 働く意思のある若者はすべて受け入れることが団体のスタンスです。「私たちはあえて彼らの居場所を作らない。サポーターがマンツーマンで話し合い、就労先を見つけては理解ある企業に受け入れてもらい、働くことによって人間関係や社会性を身につけていくのです。」理事長の津富宏さん(静岡県立大学国際関係学部准教授)は語ります。就労までの過程は、大学生ボランティアが運営するセミナーへの参加から始まり、できるだけ早く就労先を探し、事業所の協力のもとに「働く」体験を積み重ねて自立を目指します。受け入れ先を探すのは、サポーターです。地域で個々のネットワークを駆使し、就労体験その後のケアまでの大変な仕事をこなすことができる理由は何処にあるのでしょう。「面白いからですと津富さんはあっさり答えました。「働く」経験を重ねていくと確実に人は変わってくる、その成長を若者と共有できることの楽しさをみなさんが実感しているということ、と理解しました。(取材 望月)


 支援を求める県内の若者を支えるのには、さらに多くのサポーターが必要です。青少年就労支援ネットワーク静岡にアクセスしてみてください。お問い合わせは、TEL.054-275-2100 同団体事務局まで


パートナー

静岡市清水市民活動センター情報誌「パートナー」50号目次
●NPO法改正と寄付税制の改革が成立≫
●事業報告>NPOのこれからを見据える連続講座3≫
●事業報告>まちの達人シリーズ>三保育ちエコファーマー≫
●リレートーク 港の風>AYUドリーム≫
●地域メディアとの協働>FMしみず≫
●市民活動見てある記>青少年就労支援ネットワーク静岡
●NPOワンポイント>新・認定NPO法人制度≫
●センター事業のご案内≫
●静岡市市民生活課のコーナー≫

PDF文書PDF文書(2.13MB) ▼パートナー50号≫
≪ Main | パートナー | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索