≪ Main Page: 1/11  >>
Webパートナー 通巻143号
2018年10月02日 | メールマガジン

Webパートナー10月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

 静岡市清水市民活動センター メールマガジン
 Webパートナー 通巻143号(2018.10.2)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

早くも10月。
事業年度開始が4月の団体は、この時期に半年分の予算の見直しもかねて半期決算をおこなうことをお勧めします。
また、お金の動きの多い団体は、さらに月ごとの決算をしておくと年度末に慌てることがなくなります。
わからないことがありましたらセンタースタッフもお手伝いしますので、ぜひご相談ください。

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻142号
2018年09月01日 | メールマガジン

Webパートナー9月

 静岡市清水市民活動センター メールマガジン
 Webパートナー 通巻142号(2018.9.1)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

今年は台風の多い年ですね。今も台風21号が本州方面に進んでいます。
台風情報に注意し、活動や仕事など、事故の無い様にしてください。
水害や土砂崩れなど、被害も予想されます。早めの避難や対策を立てましょう。

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻141号
2018年08月02日 | メールマガジン

Webパートナー8月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●  

静岡市清水市民活動センター メールマガジン
Webパートナー 通巻141号(2018.8.2)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

平成30年7月豪雨被災地のみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
気象庁は、西日本を中心に大きな被害をもたらした豪雨と、7月上旬からの猛暑は、30年に一度以下の頻度で起こる異常気象と発表しました。その一方、地球温暖化の進行で大雨や高温は将来も増えていくと予想しています。
「異常」とは通常でないことを意味しますが、異常気象が通常化し、「想定外」を常に想定しなければならない事態になっているのでしょうか。

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻140号
2018年06月30日 | メールマガジン

Webパートナー7月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

静岡市清水市民活動センター メールマガジン
Webパートナー 通巻140号(2018.6.29)
 

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

例年よりも早く関東では梅雨が明けが発表されました。
日差しも強くなり夏が近づいてきましたね。
今から暑さに負けないように、熱中症対策をしていきましょう。

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻139号
2018年06月02日 | メールマガジン

Webパートナー6月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

静岡市清水市民活動センター メールマガジン
Webパートナー 通巻139号(2018.5.30)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

毎日、蒸し暑いですね。
NPO法人の皆さんは、総会の準備や報告等で忙しい日々をお過ごしかと思います。
書類の作成でお困りの場合は、早めにセンターまでご相談ください。
すっきりした気持ちで、夏を迎えましょう!

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻138号
2018年05月03日 | メールマガジン

Webパートナー5月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●
 
 静岡市清水市民活動センター メールマガジン
 Webパートナー 通巻138号(2018.5.3)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

 5月5日は端午の節句。
 祝日名は「こどもの日」ですが、「男の子」に関するものが飾られます。
その中でも菖蒲については、武を重んじる意味の「尚武」と読み方が同じで、先のとがった長い菖蒲の葉の形が剣を連想させることから、男子の成長を祝い、健康を祈る物として鎌倉時代から使われ始めたそうです。
 ちなみに、屋外に「こいのぼり」を立てるようになったのは江戸時代からと聞きます。

それでは、メールマガジン5月号をお届けします。

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻137号
2018年04月05日 | メールマガジン

Webパートナー4月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●
 
 静岡市清水市民活動センター メールマガジン
 Webパートナー 通巻137号(2018.4.2)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

ご挨拶

 満開の桜の時期に、新年度が始まりました。
 私たち特定非営利活動法人NPOサポート・しみずは、第4期指定管理者として引き続き清水市民活動センターの運営に当たることになりました。
 今後も、利用者のみなさまと共に、暮らしやすい静岡市の発展に寄与できるよう、一層努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

指定管理者 
特定非営利活動法人NPOサポート・しみず
理事長(静岡市清水市民活動センター長) 磯谷千代美

 

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻136号
2018年03月01日 | メールマガジン

Webパートナー3月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●
 
 静岡市清水市民活動センター メールマガジン
 Webパートナー 通巻136号(2018.3.1)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

 相次ぐ寒波で成長し切れなかった大根や葉物野菜が店頭に並び台所事情も厳しかった冬が過ぎ、春を告げる菜の花やふきのとう、タラの芽などの柔らかな緑が心を和ませます。
 気持ちを切り替え、新年度を迎える準備を始めましょう。

 

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻135号
2018年02月02日 | メールマガジン

Webパートナー2月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●
 
 静岡市清水市民活動センター メールマガジン
 Webパートナー 通巻135号(2018.2.1)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

 間もなく立春ですが、厳しい寒さはまだまだ続きます。
 早く暖かくなってくれないかなと、風に吹かれながら思います。
 インフルエンザが猛威を振るう今、うがい手洗いを忘れずに元気に春を迎えたいですね。

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
Webパートナー 通巻134号
2018年01月05日 | メールマガジン

Webパートナー1月

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●
 
 静岡市清水市民活動センター メールマガジン
 Webパートナー 通巻134号(2018.1.4)

●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

 あけましておめでとうございます。

 空気の澄み切った新年、世界文化遺産である三保の松原からの初日の出と富士山は格別です。
 今年が平和で良い年でありますように、心から願います。

 清水市民活動センターは、本日4日より新年の業務を始めました。
 地域の課題に取り組んでいるNPO法人・市民活動団体のみなさまの活動と想いが実を結ぶよう、今年も一緒に歩んでまいります。

 どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む >>
≪ Main | メールマガジン | ▲ページの上に
今月の花
スペース
このサイトについて
センターの案内
ブース入居団体の紹介
利用登録団体の紹介
情報発信
ご相談
事業の案内
リンク
問合せメール
プライバシーポリシー
トップページに戻る

▼月別記事リスト

    

▼このサイト内検索